2月21日に北海道胆振地方中東部で発生した地震について

  • HOME
  • ニュース
  • 2月21日に北海道胆振地方中東部で発生した地震について

北海道で最大震度6弱を観測する地震が発生しました。

2月21日午後9時22分ごろ、最大震度6弱を観測した今回の地震について、去年9月に震度7を観測した胆振東部地震の一連の活動によるものと考えられ、地震活動は当分続くとの見解を示しています。(出典1:気象庁)

出典1
https://www.jma.go.jp/jp/quake/20190221122604392-21212246.html

地震で揺れの強かった地域では、家屋の倒壊や土砂災害などの危険性が高まっているおそれがあります。崖や積雪がある斜面では、地震の揺れによって崩れやすくなっているおそれもありますのでくれぐれもお気を付けください。(出典2:気象庁)

出典2
https://www.jma.go.jp/jma/press/1902/21a/201902212320.html

微動探査に関する各種ご質問、当法人に関するお問合せ、取材のご依頼・ご相談等は下記からお願い致します。
お問合せはこちら

一般社団法人 地域微動探査協会
〒104-0033 東京都中央区新川1-6-12 AIビル茅場町2F
TEL:03-6403-7543