ハイブリッド微動探査TMについて

微動ラボ

2020年6月10日 ハイブリッド微動探査TMについて

 交通振動などに由来する常時微動の計測(微動探査)と、起振器を用いて地盤に揺れを与える加振計測(表面波探査)のハイブリッドである新たな地盤調査、「ハイブリッド微動探査」。ハイブリッド微動探査は、微動探査の利点と表面波探査という物理探査国土交通省告示第1113号の第1項「地盤の許容応力度及び基礎ぐいの許容支持力を求めるための地盤調査の方法」の「6.物理探査」に該当)の手法の一つとなります。微動探査、表面波探査それぞれの利点を生かした地盤調査法となることが見込まれております。

 一般社団法人地域微動探査協会では、地盤用と、家屋用のハイブリッド微動探査の開発と普及促進を進めており、その一部は7月10日開催の記者発表でもデモンストレーションを含めて公開する予定です。

 地盤用のハイブリッド微動探査では、住宅の地盤調査で実施されている手法として、スウェーデン式サウンディング試験(SWS試験・」SS試験)などがあります。ハイブリッド微動探査は、SWS試験の弱点を補い、また常時微動を計測する微動探査で極表層部の地盤特性が得られないことを解決したうえ、地盤の増幅特性、周期特性まで同時に計測できる将来の地盤調査法として、2021年4月より提供できるように研究開発、実証を進めております。商品化の際には、国内のメジャー損保会社の地盤補償も付帯できる準備ができており、住宅づくりや住宅地盤に関わる業界の皆様と、新たな地盤調査方法として一般化して参りたく考えております。

 家屋用のハイブリッド微動探査は、昨年以降テストと検証を重ねている計測方法です。家屋の最上階中央部に横揺れを与える起振器を設置して、周波数を変えつつ加振した状態での計測と、常時微動の計測を実施し、周期特性や偏心等を計測します。2020年秋より提供できるように実証を進めております。

ハイブリッド微動探査につきましては、地域微動探査協会にお問い合わせください
一般社団法人 地域微動探査協会 TEL:03-6403-7543
お問い合わせフォームはこちらから