株式会社タカキ『地震で倒壊しない家づくりセミナー』開催

  • HOME
  • ニュース
  • 株式会社タカキ『地震で倒壊しない家づくりセミナー』開催

当協会会員企業である株式会社タカキ(東京都東大和市)が7月30日に「地震で倒壊しない家づくりセミナー」と名打っての微動探査のセミナー(WEB)を開催し、多数の住宅事業者が参加されました。

冒頭では、高木裕氏(株式会社タカキ 代表取締役会長)より、当協会へ入会した経緯から、微動探査の必要性についてを紹介。その後、当協会から協会、微動探査の概要を紹介後、先名重樹氏(防災科学技術研究所 主幹研究員)より、微動探査について、佐藤実氏(株式会社M’s構造設計 代表取締役社長、当協会理事)から地盤の揺れやすさを加味した耐震設計の重要性についての基調講演が行われました。

微動探査では、地震時の地盤の揺れやすさや固有周期を確認できる事が特長であり、世界で約20%の地震が発生している日本においては、必須の地盤調査であると言えます。

同調査を応用した技術サービスとして、住宅着工前に行われる地盤調査として行われる『ハイブリッド微動探査』や、既存住宅の堅牢度を確認できる『家屋計測』もラインナップとして加わり、今後微動探査が益々注目されていく事となります。

本日ご参加いただいた住宅事業者の方からも、質問が上がるなど、関心をお持ちいただいたセミナーとなりました。

今後、同社では東京都、埼玉県、神奈川県を中心に微動探査普及活動を行って参りますので、住宅事業者様、個人の方におかれましては、新築時や既存住宅における地震に強い家づくり、耐震リフォームに是非微動探査をご利用ください。

株式会社タカキへのお問い合わせはこちらから

株式会社タカキ社屋