各分野の専門家のご紹介

早田 宏徳 株式会社 WELLNEST HOME 創業者

理事:早田 宏徳 株式会社WELLNEST HOME 創業者

まさか地盤の揺れやすさが簡易的に測定できる方法が、われわれのような住宅業界でもできるということを聞いたときに、やるべきだ!ということで、1秒でこの事業を一緒にやっていこうということを決断したという経緯です。

私がなぜ微動探査に取り組もうと思ったかというと、たまたま福島県いわき市で2010年11月から着工させてもらったお客様のお家が、3.11に地震を受けたんです。当時から地震に強い家づくりを行なっており幸いにも壁にクラック一本入ってなかったんですけど、正直、地盤と地震と建物の揺れというものに関しては、相当、耐久性という面でも耐震性という面でも重要と考えていたことが根底にあります。

【プロフィール】
早田 宏徳
所属団体・肩書
株式会社WELLNEST HOME 代表取締役 創業者
社団法人クラブヴォーバン 代表理事
社団法人 日本エネルギーパス協会 理事
マングローブクリエーション株式会社 代表取締役

<経歴> 計4000件を超えるお客様の家づくりを直接的、間接的に経験する。同時に、2008年には地域工務店で全国8社しか採択されなかった第1回超長期住宅先導的モデル事業に採択され、プロジェクトマネージャーとして手腕を発揮する。 2008 年に初めてドイツに渡り、日本の住宅業界がドイツでは最低レベルの住宅を供給している実態を知り、更なる住宅業界の変革を志して2009年住宅会社を退社し、マングローブクリエーション株式会社を設立。全国で年間200回を超えるセミナー、講演活動を業界向け、エンドユーザー向けに続ける。 その中で出会ったメンバーとともにドイツに学んだ省エネ住宅を供給する「低燃費住宅普及の会」、さらに健康・快適な住空間を追い続けているのが、「ウェルネストホーム」、また 住宅省エネ性能評価の”ものさし”を普及する「日本エネルギーパス協会」、ドイツの家づくり、街づくり、再生可能エネルギーを研究する「クラブヴォーバン」などの各種団体を設立し、エネルギー消費の抑制と再生可能エネルギーの普及という両面から住宅業界、並びに将来の子供たちに住み良い社会を作る事を目指して活動を続けている。

徐々に活動の幅を広げ、国土交通大臣、国土交通省住宅局、経済産業省などとの勉強会、新聞社、建材メーカー、エネルギー会社での講演、ドイツでのシンポジウム講演などの実績を有する。 また建築メッセBAUミュンヘン(170カ国以上から20万人以上が来場する欧州最大級のイベント)の一環として行われたシンポジウムにて、国際的な事例として唯一 弊社の高松プラスエナジーハウスが掲示・紹介されました。2013年にドイツ連邦政府の国交事務次官ハンス=ディーター・ヘグナー氏が高松に訪れ視察。翌日には日独シンポジウムを開催。ここから高松プラスエナジーハウスが世界に認められ始めました。さらなる健康・快適な住空間で世界トップブランドを目指すべく研究開発を進めて参ります。

地域微動探査協会のYouTube公式チャンネルにて、専門の持続可能な街づくり・家づくりの観点から、地盤に対する知見を配信、地盤に対する知見を配信しております。